一生運動ができる身体でいたいと願い

私は小さなときから身体を動かすことが大好きで、中学の時に始めたバスケットボールは今でも現役で続けているほどです。

 

なぜバスケットボールを選んだのかというのは至極簡単な理由で、知らない先輩に急にバスケで対戦しようと誘われた時にこんなに難しいスポーツがあるのかと驚愕と興奮を覚えたところからでした。

 

その先輩は中学の先輩のバスケ部に所属しているということがわかり私は何が何でも中学にあがったらバスケ部に入ろうと决意し、気づいたらどんどんのめりこんでいったのでした。

 

ドリブル一つにしても相手を誘惑するドリブルの方法や、自分のスピードに合わせたドリブル、緩急をつけることでタイミングをずらすといった方法が多数あって、一種の駆け引きを楽しむ感じが物凄く自分にはハマっていました。

 

もちろんプレイするのも好きですが、観戦するのも大好きです。

今は仕事が忙しくそこまで行けないのですが、大学時代は週1でなんらかのバスケの試合を観に行くほどでした。

やはりプロのプレイから学ぶ事はたくさんあるので見るのも勉強の1つだというのは一理あるなと思っています。

 

そんな楽しいスポーツですからいつまでもコートの中に立っていたいなと願うばかりです。むしろコートの中で息絶えたいくらいです。

身体が動かなくなったらまたその中でも楽しめるスポーツを見つけてハマっているだろうと容易に想像できるのですが、可能ならいつまでもバスケをしていたいですね。